夫婦喧嘩の末の離婚は回避したい

夫婦喧嘩がヒートアップして、離婚にまで話が及ぶということは、ありがちなパターンです。しかしこの場合、夫婦喧嘩の原因にもよりますが、慰謝料が必ずしも発生するわけではありません。慰謝料が認められているのは、不貞行為や暴力の証拠がある場合です。

夫婦喧嘩の末に暴力をふるわれたとしても、医師の診断書などがなければ慰謝料は請求できません。ですからつい冷静さを失って、はずみで離婚を決めてしまうのは賢明とは言えません。

夫婦喧嘩をしても仲直りできるきっかけのようなものを常日頃から考えておくと、いざ喧嘩状態が長引いても修復へのプロセスが容易になります。離婚して慰謝料請求するまで考えた夫婦喧嘩…仲直りのきっかけもチェックしてみましょう。とにかく一旦冷静になって、喧嘩の果てに離婚という状態はとりあえず回避したいものです。本当に離婚を考えるならば、熟考の上で用意周到に計画をするべきで、多大なエネルギーが必要となるのです。