雨漏り修理の難しい理由

雨漏り修理は難しいといわれていますが、それはなぜでしょうか。それは水の流れが非常にわかりにくいということで修理範囲や修理方法がなかなか特定しにくいということにあります。

通常、住宅など建築物の修理となると明らかに部材が割れていたり、劣化してはがれていたりして目に見えて不具合があり、それらを新しく交換したり、張り替えたりすると基本的に修理できます。

しかし、雨漏りは確かに見た目に瓦や屋根材の防水が明らかに劣化している例もありますが、一見どこが不具合でそのような水の通りで雨漏りが生じているかわからないときも多くあります。それは防水専門業者でもなかなか特定できない場合もあるので、推測できる範囲を大きめに取って修理をするというやり方が現在の修理方法となっています。このように原因や劣化箇所などが特定できないことが多い理由が雨漏り修理の難しい理由となっています。