結婚相手が不倫している可能性がある場合の対処

結婚相手が不倫している可能性がある場合の対処としては、本当に不倫しているのか注意深く見ていく事が必要です。

不倫している可能性があるからといってその時点で直接不倫しているのか聞くのは場合によっては揉め事になる可能性があります。本当に不倫している場合は問い詰める事は大事ですが、もし不倫していなかった場合はあたなの思い込みになりますから逆に結婚相手からの信用がなくなる可能性があります。そうなると亀裂が入る可能性がありますし、結婚生活がうまくいかなくなる原因にもなりますから注意します。

不倫している可能性が極めて高くなった場合にのみ不倫しているのか問い詰めるようにします。不倫しているかどうかは、隠し事をしているしぐさを見せる、帰りが遅くなる事が多くなった、携帯を見られないようにしているなどをまずは見ていきます。不審な動きがいくつかある場合は、あなたが時間がある時に結婚相手の動きを監視するのもお勧めです。特に不倫相手と合うタイミングは仕事の後か休日どちらかが多いです。この2つの時間帯を細かく監視できれば不倫しているのかある程度、分かります。