「天才!柄本明さん!」

随分と昔のコントになりますが、志村けんさんと柄本明さん共演のコントで傑作なコントがあります。

それは1990年代のコントであり、志村けんさんが学校の先生役です。それに いしのようこさんやクワマンさんも出演しておりました。

志村けんさんの生徒役として柄本明さんも出演しておりました。

そのコントの内容とは、ある日思い詰めた柄本明さんが学校の屋上から飛び降り自殺をしようとします。

そこに女子生徒が来て、「柄本君!」と言って、先生や他の皆を呼びに行きます。

そこに集まってくる先生や生徒。志村けんさん(先生役)は、自殺を止めようと説得します。「柄本!人生が何だ!女はバンバンいけるんだぞ」等訳の分からない説得です。(笑)

ところが柄本明さんは、「俺は頭もバカだし。モテないタイプだというのは知っている」と顔芸をします。(笑)

そして、42歳で何十年も高校をダブり、就職も出来ないという事で飛び降りるという内容でした。

おそらくフリーター経験すらないのでしょう。

柄本さんが「しゅ、就職だね。就職・・・みんなが決まっているのに俺だけ決まらない。だから俺は飛び降りんだバカヤロー」みたいなシーンがめちゃめちゃ面白いです。

文章書いていて腹がよじれています。(笑)

婚活をするときにはまずは考えることがあります

婚活における重要な要素というのはまずはどのようなことから始めれば良いのかというのは考えることです。人から紹介をしてもらうとかそうしたことがあるわけですが、自力で探すことができるのであればそれに越したことはないとは言えるのですが、より大事になってくることとしてあるのが、自分の価値を高めようとすることです。そうしたことができないですとさすがに厳しいことになりますから、これは覚悟しておきましょう。つまりはありのままの自分を見てほしいと思うかもしれませんがさすがに今現在婚活をしなければならないというような状況にある人というのは何もしなくても価値がある人間であるのかと言うと非常に微妙なところになりますので厳しいことにはなりますが、とにかく異性に対して魅力的な人物になるということを目指してみると良いでしょう。それがます婚活におけるやらなければならないことの一つであると言えるわけです。

高校の時の同級生に久々に会いました

先日、高校時代の同級生に6年ぶりくらいに会ってお酒を飲みました。彼は最近転職したのですが、その新しい職場が私の職場と近い場所にあり、そんなこともあって、また連絡を取り合うようになったのです。
最寄り駅近くの居酒屋で飲んだのですが、彼は20代の頃とあまりイメージが変わっていなくて、若々しく感じました。
彼は、6年前に会った時に、出会いが無いんだ!誰か紹介してよ!と口癖のように言っていたので、その辺の事をちょっと聞いてみたのですが、その日も同じように女性との出会いを欲していました。これにはちょっと笑ってしまいました。
早く出会いなさいよ!とつっこんでおきましたが、彼はそれに対して気持ちよく笑ってくれました。相変わらずの雰囲気がなんだか心地よく感じられ、お酒もどんどん進んでしまいました。
その日は、また会う約束をして駅で別れました。かなり楽しい時間を過ごせましたね。
また、飲みたいですね。

毎日が楽しくなる出会い

出会いがないのでつまらない、そのように感じている人はとても多いです。出会いがないから、刺激もない、生活は単調、そして休日もひとりという悪循環で、仕事に打ち込むくらいしかやることがない、そんな気持ちになってしまうのです。人が生きるうえで異性への出会いというのは大切であり、それがあることで、いろいろな面でもモチベーションが上がったりするものです。ですから出会いを真剣な気持ちで求めていくことができます。そのためにはある程度の努力を払っていくことができるでしょう。マッチングアプリや出会いサイト系のサービスは、そうした出会いをアレンジしてくれて、異性との素敵な出会いを実現してくれます。それによってこれまでの生活は大きく変わり、毎日が楽しく刺激的になっていくことでしょう。ラインなどでやりとりしたり、急に忙しくなったりするものです。

性格を考えるとタクシードライバーが合っているかも

仕事探しが上手くいっていません。
収入を得るためには、さっさと仕事を見つけて働き始めるのが最良だとは気が付いているけれど、仕事探しを繰り返さないためにも、納得のいく仕事にありつきたいと思っています。
そこで、簡単な適性検査を受けたところ、「タクシードライバー」という職がいいんじゃないかと思い始めました。
自分でいうのもあれですが、なかなか人当たりの良いところがあります。
運転することは苦になりません。
身体をあまり動かさなくてもいいところに魅力を感じます。
気が長いので、人待ちをすることにもストレスを感じないはずです。
ナビさえあれば、知らない道でもお客さんに迷惑を掛けたりしないと思います。
お客さんを待つ間に趣味の読書ができると思うと、タクシードライバーが天職に思えてきました。
さて、あとは人手不足のタクシー会社を探すだけ。
なんとなく先行きが明るくなってきました。

婚活を考える時について

結婚の平均年齢が上がるにつれて男性も女性も結婚に興味を持つ年齢が上がっている事は当たり前のことです。しかしながらどのようにすればいざと言う時に出会いを考えることができるのかが難しい時代となっています。そこで自然な出会いだけが全てではなく婚活をどのように行うかで結果が大きく変わってくることも当たり前のことと考えられるようになりました。
また一定年齢に足してからの婚活であればお金も十分にあるのでインターネットを通じての婚活、一定の期間を満たしての婚活を含めても対応できるような時代になってきました。
そして、男性も女性も結婚に求めるものが多種多様化しているだけに自然な出会いを求めるよりも婚活である程度のニーズをし持った上で活動を始めたほうが効率的に結婚への道が開けてくる可能性もあります。
これからも婚活のあり方はどんどん変わっていくのではないでしょうか。

タクシーと比べた時のハイヤーの特徴はココ!

ハイヤーは二種免許を活かした仕事です。同様に二種免許を活かした仕事にタクシーもあります。タクシーとハイヤーの違いは、メーター付いているかいないかです。メーターが付いているのがタクシーで、付いていないのがハイヤーです。
ハイヤーは時間単位の貸し切りのため、メーターが付いていません。ハイヤーは、利用する車と運転手を一定の期間利用者が借りることになります。利用者は、車が車庫を出てから車庫に戻るまでの費用と、その間のドライバーの給与を支払うことになります。
タクシーとハイヤーのもう一つの違いが、扉が自動開閉するのか、運転手が開閉するのかという点です。タクシーが自動開閉なのに対して、ハイヤーは運転手が利用者のために直接扉を開閉します。その姿に憧れてハイヤードライバーになる人も稀ではありません。ハイヤードライバーは、利用者への細やかな気配りが必要になる仕事です。

タクシードライバーはおすすめ

タクシードライバーの職業としては間違いなくの運転をするというだけのことではあるのですがそれでも安定した仕事というのを得ることができるようになったりする場合もありますし良い仕事であるのは間違いないでしょう。最終的になんといっても個人タクシーを目指すということができるようになりますとそこそこうまくいくということもありますし、一家を支えることができるくらいの金額にはなったりすることもありますし、良い職業であるというのは間違いないでしょう。しかし、しっかりとした運転をすることが大前提であるといえます。そのためには運転免許もそれなりに必要になってくるということもありますしわりと大変な仕事であるというのも間違いないです。深夜に働くということも多いですから、これもよいでしょう。深夜に働くということは稼ぐということができるという方も多いというタイプの仕事ということは間違いないでしょう