小説の中から転職を考える

最近読んだ小説の中で、ある転職した登場人物の会話が、ちょっと印象的でした。

働き盛りの30代男性が、タクシー業界に転職したという内容です。
その男性は、いままで調査で人にインタビューばかりして、行き詰ってしまい、仕事を辞めてしまったとのこと。

これからどうしようか悩んでいたところ、タクシー運転手に転職。
タクシーなら、人との会話があっても一期一会。
車という空間で、一人になれる時間も多いので、気が楽だと言った話でした。
特に男性はドライブ好きな方が多いので、飛び込みやすいかもしれないですね。

私もふと、転職を考えることがありますが、どうしてもキャリアアップや、今までの経歴などを考えてしまいます。
ですので、この場面はなんとなく記憶に残っていました。

この男性のように、一度立ち止まって、違う業界へ転職を選択する。
前の自分を、少し労わるような方向性を持つ。
そうゆう考え方も、ありかな思いました。

僕の50代の母親の再婚

僕には50代の母親がいます。僕のが学生時代に両親が離婚し母親は家を出て同じ市内ではあるが一人暮らしを始めました。一人暮らしを始めた母親は今まで以上に仕事に打ち込み毎日のように働き、たまにある休みは独り身を楽しむようなプライベートであったと思います。母親のプライベートは深く聞いていないがいろいろな人とお付き合いをしていたと思います。そんな母親がここ一年新しい恋人ができました。相手も離婚経験があり話が合うらしく母親に会うたびに恋人の話を聞かされる毎日です。そして再婚を考えているということも先日聞かされました。僕の心境としては父親と仲が良いこともあり複雑です。ただ母親の将来のことを考えたら否定はできないし認めなきゃいけないと思っています。ただ今は前向きに考えることができずもやもやとした気持ちを抱えながら悩んでいます。

ファクタリングサービスの魅力とは

ファクタリングサービスとは一体どのようなものかと言いますと買取をしてもらうということになります。何を買い取ってもらうのかと言いますと債権です。売掛金を買い取ってもらって事業資金にするということになるのでこれは中小企業などがとてもよく利用しているサービスの一つになります。そうはいっても、こうしたサービスを利用しているのは資金繰りがよろしくないからというようなことではあるのですがあるいは銀行などがなかなかお金を貸してくれないようなところがやっているという場合もあります。とにかく、どうしても現金が必要になった時に何かしら手に入れる手段というのを中小企業などは持っていた方が良いのですがそれがファクタリングサービスということになるわけです。即日融資してくれるところもあったりするのでかなり便利であるのは間違いないでしょう。

太陽光発電があるエコな暮らしがしたい

太陽光発電に憧れています。現在賃貸住宅住まいでここには太陽光発電装置がありません。都会なら賃貸住宅でも太陽光発電がついていることが多いのでしょうが、ここは田舎町のため近所にも太陽光発電装置が付いている家が少ないのです。

太陽光発電装置が付いていると電力を使うことに罪悪感を感じません。電気って電気会社からお金を払って使うんだけど、電気を買っているわけで何となく良い気持ちじゃないんですね・・・。自分のところで電気を作ってその電気で暮らしていけたらどんなに良いでしょう。

それはエコです。今はエコの時代ですよね。といってもエコになるような活動が出来ていないのが事実。今はエコに興味がありながらエコ活動できていない状態なんです。

もしも太陽光発電装置を使えたらエコに協力できます。マイホームを建てたら絶対に太陽光発電を取り付けます。

女性のタクシー乗務員

先日、飲み会で遅くなった時にタクシーを利用しました。その時に乗ったタクシーが女性の運転手でした。初めてだったのですごく新鮮で、私自身が女であるため安心感がありました。以前にタクシーを利用した際の乗務員がすごく下品だったので、それ以来タクシーは出来るだけ利用しなかったのです。
その女性乗務員は、すごく丁寧で親切な方でした。私の体調を気遣ってくださったり、こんな乗務員さんもいるんだなと今までの偏見がなくなりました。
すごく話しやすい方だったので、つい世間話に花を咲かせてしまいました。そして、タクシー乗務員の仕事の話になり、大変だと言うことも話してくれました。激務なので辞めていく人も多いとのことでした。確かにタクシー乗務員の求人はよく目にします。その女性運転手も何度か危険な目に遭ったということでした。それでも仕事を辞めず、頑張っているのだと思うと尊敬しました。

エンジニアとしてフリーランス向けの求人サイトを活用する

フリーランスとしてのITエンジニアの仕事は比較的多く、可能性を感じさせる分野のものですが、時には仕事が少なくなることがあるかもしれません。そのようなときには、焦りもでてくるものですが、新しい求人情報を見て仕事を探すことができるかもしれません。フリーランス向けの求人サイトがあり、そうしたものをチェックすれば、すぐに見つけることができます。

そうしたサイトで仕事を見つけるときに、高単価なものに目が行きがちですが、やはり高単価なものほど、難易度が高く、時間がかかるものが多いです。それぞれのレベルに合わせて受注をすることができますが、最初は比較的簡単なもので、単価がそれほど高くないものからトライして様子を見ることができるかもしれません。慣れてくると、もう少し高いものに挑戦していき、自分自身もスキルアップしていくことができるでしょう。